サクラエディタのバイナリモードでお困りの方へ、インストール不要!すぐ使えるバイナリエディタ3選

ゲームのセーブデータをごにょごにょして遊んでみたい。

ということで普段使っているサクラエディタでバイナリモードが使えないかな?と思ったのですが、どうやらサクラエディタではバイナリモードは使えないみたいです。

ちょっと使うだけにレジストリを汚したくないのでインストール不要で使えるバイナリエディタを探してみました。

インストール不要!フリーのバイナリエディタ


Stirling

みんなが口をそろえて「定番」と言ってるソフト。

検索、置換など基本的な機能に加え、自分好みのツールバーにカスタマイズしたり、拡張子別にキャラクターセットや表示色を設定する機能など多彩。

ファイルの比較機能では違う部分を強調表示してくれる。また、アンドゥ&リドゥは回数無制限。

ただ、巨大なファイルは不得意なようで、重くなったり落ちる、といった症状が起こるとの口コミがあります。

ダウンロード:https://freesoft-100.com/review/stirling.php

xedit

スポンサーリンク

新規ファイルは任意のバイト位置で編集が可能です。(最大 0x10000000 バイト)
既存ファイルは任意のバイト位置でパッチ編集が可能です。(最大 0x10000000000000000 バイト)
検索・置換・削除・アンドゥ・リドゥ等の基本的機能が使用できます。
構造体による解析・編集が可能です。
クリップボードのテキストデータを数値認識しデータとして取り込めます。
モトローラS/インテルHEXフォーマット形式のファイルを読み書き出来ます。(マークにより指定範囲のみの書き出しも可能)
キャラクター表示に以下を選択出来ます。
ASCII
EBCDIC
Shift-JIS
EUC-JP
UCS-2(Unicode)
UTF-8(Unicode)
グラデーション
サム, ハッシュ, CRC等の算出が出来ます。
SUM
MD5
SHA-1
SHA-256
CRC-8
CRC-16
CRC-16/FILE
CRC-16/CCITT
CRC-16/XMODEM
CRC-16/USB
CRC-16/MODBUS
CRC-32
CRC-32C
Luaスクリプトによる細かな編集が可能です。
パレット機能によりカーソル位置の数値解析をカスタマイズできます。
コマンド入力欄から検索・ジャンプなどの基本的機能を命令できます。
複数のウインドウ間でデータ比較ができます。
プラグインで他プロセスメモリ参照等が利用可能です。

ダウンロード:http://www002.upp.so-net.ne.jp/janus/xedit.html

DANDP Binary Editor

バイナリエディタの 一般的な機能の他に、ファイルの比較、10進数での検索、バイト合計の計算、相対アドレス でのジャンプ、データの着色表示、ASCII、Shift-JIS、EUC、Unicode(UTF-16LE、UTF-8)、 EBCDIC(コードページ290、298)での文字表示、サロゲートペア対応、キー割り当て、 ファイル保存時のバックアップ、テンキーの拡張、ステータスバーへの10進数&2進数 表示などの機能があります。

ダウンロード:http://dandp.halfmoon.jp/soft/dandp.html

hexed.it(オンラインツール)

BOMや改行コードの確認など、手っ取り早く使いたい時に便利なオンラインツール。

機能はシンプルだけど、ドラッグアンドドロップするだけで手軽にバイナリコードの閲覧&編集が可能。もちろん保存してダウンロードもできます。

https://hexed.it/

まとめ

特殊な使い方やこだわりがないならまずは定番のStirlingから使ってみるのがいいと思います。

BOMや改行コードの確認などちゃちゃっと使いたい時はオンラインツールのhexed.itがおすすめです。

普段愛用しているサクラエディタでバイナリモードが使えればそれに越したことはないんですが、あまり需要がないのかもしれませんね。